恐竜が教えてくれたこと

オランダ児童書 「ぼくとテスの秘密の七日間」

日本語の本はこちら

第61回青少年読書感想文全国コンクール小学校高学年向け課題図書
全国学校図書館協議会選定図書
日本図書館協会選定図書

Anna Woltz

作者(wiki)

オランダ語の洋書は日本で入手可能?

とっても読みたい、見てみたい!アマゾンでは原書の取り扱いがありません >_< オランダのamazonへ行ってみましょう。まずは原書のタイトルをオランダ語でなんというのでしょうか・・・ 

My Extraordinary Summer with Tess(英語タイトル)

オランダ のAmazon では、欲しいなと思う一冊はまずありました。 Honderd uur nacht / Anna Woltz  ( 原書)(2020年1月現在)

では、僕とテスはあるのでしょうか・・・・・kindleバージョンしかありませんでした T_T オランダのキンドルで買っても、日本のキンドルで読めるのだろうか?にしても、他の本も全部、面白そうなんです。しかし、kindleは共通アカウントにできないようなで、アカウントの切り替えがちょっとめんどくさい。このグローバル時代、まだここは遅いわけですね >_< 残念です。紙の本で探して購入します。

 

わあああああああ。フランスのAmazonなら紙の本が販売されています。ここで購入します。

 

 

これもベストセラーになっていて面白そう!!!

Alaska

購入する際、ドイツ語本もあるので、お気をつけて。

 

映画化 「恐竜が教えてくれたこと」


監督 オランダの新たな才能、ステフェン・ワウテルロウト監督

作品タイトル:『恐竜が教えてくれたこと』
出演:ソンニ・ファンウッテレン、ヨセフィーン・アレンセンほか
監督:ステフェン・ワウテルロウト
脚本:ラウラ・ファンダイク
原作:アンナ・ウォルツ「ぼくとテスの秘密の七日間」(野坂悦子訳、フレーベル館)
2019年/オランダ/オランダ語・ドイツ語/カラー/84分/
英題:My Extraordinary Summer with Tess
配給:彩プロ

 

新しい語学を始めたら、まずは一冊読みたい本を選ぼう

この本を読めるようになるようになればいいなと、読みたい一冊はこちらに決めました。オランダ語の勉強がまだ進んでいませんが、きっと話せるようになると信じて ^ ^ .  私のスクールにも、この本を読みたいから英語を勉強すると入学してくる小学生たちは、必ず自分の目標を達成して卒業してきます。はやり自分のやりたい目的を持っているというのはとっても強いのです。みなさまも、どうぞ一冊よみきりたい本に出会ってください。