恐竜が教えてくれたこと

オランダ児童書 「ぼくとテスの秘密の七日間」

日本語の本はこちら

第61回青少年読書感想文全国コンクール小学校高学年向け課題図書
全国学校図書館協議会選定図書
日本図書館協会選定図書

 

作者(wiki)

Anna Woltz

とっても読みたい、見てみたい!アマゾンでは原書の取り扱いがありません >_< オランダのamazonへ行ってみましょう。まずは原書のタイトルをオランダ語でなんというのでしょうか・・・ 

My Extraordinary Summer with Tess(英語タイトル)

オランダ のAmazon では、欲しいなと思う一冊はまずありました。 Honderd uur nacht / Anna Woltz  ( 原書)

では、僕とテスはあるのでしょうか・・・・・

kindleバージョンしかありませんでした T_T オランダのキンドルで買っても、日本のキンドルで読めるのだろうか?

にしても、他の本も全部、面白そうなんです。

しかし、kindleは共通アカウントにできないようなで、アカウントの切り替えがちょっとめんどくさい。このグローバル時代、まだここは遅いわけですね >_< 残念です。紙の本で探して購入します。

 

わあああああああ。フランスのAmazonなら紙の本が販売されています。ここで購入します。

 

 

これもベストセラーになっていて面白そう!!!

Alaska

購入する際、ドイツ語本もあるので、お気をつけて。

 

 

 

映画化 「恐竜が教えてくれたこと」


監督 オランダの新たな才能、ステフェン・ワウテルロウト監督

作品タイトル:『恐竜が教えてくれたこと』
出演:ソンニ・ファンウッテレン、ヨセフィーン・アレンセンほか
監督:ステフェン・ワウテルロウト
脚本:ラウラ・ファンダイク
原作:アンナ・ウォルツ「ぼくとテスの秘密の七日間」(野坂悦子訳、フレーベル館)
2019年/オランダ/オランダ語・ドイツ語/カラー/84分/
英題:My Extraordinary Summer with Tess
配給:彩プロ

 

 

オランダ語がまだぜんぜんわかりませんが、この本を読めるようになるようになればいいな。このように私のスクールに入ってきた子たちは、みんな語学習得して卒業してきますよ ^ ^