Contents

毎日、ここで一緒にやってみると3ヶ月で話せるようになるシリーズを(未完成更新中)

(試作中のため、リアル実況更新ではありますが、カリキュラムを作りながら進めております。完成版まで今しばらくお待ちください。)

 

オランダ語 勉強方法④こども番組で学ぶ

毎日1時間、時間がない人は20分、そうはいっても、楽しいのでどんどん時間を作りって学びたくなるので、どうぞ毎日何時間でも新しい語学にどっぷり浸かりましょう。

 

0.かふあ校長と一緒に学習してみよう、1ヶ月目ルール説明

  1. 今日から1日1時間、まいにち一緒にやってみよう
  2. 続きそうにないときは、「今日、今3分やってみる」(ここの動画を見えてみよう。)それだけでOK

  3. 動画を見て、ちょっとやる気が出てたら、ノートやそこらへんにある紙に、メモ書きしてみよう、単語帳を作ってみるよ

  4. 文法とかは後から必要になった時に調べるだけでいいよ

  5. 音、発音からやってみよう

  6. 語学コーチングのレッスンでは、教材は必ず使用します。最初はなくてもいいですが勉強してみようかなと本気で思ったら、オンラインで好きなものでOKなので、調達するようにしましょう。

 

 

基本教材はしっかり選んで毎日継続

私が使っているテキスト(オランダ語③)

私が使っているテキスト(オランダ語③)はこちらです。文法縛りにならないように選択しました。ここで学ぶ場合、試験用勉強ではなく、あくまで会話です。ひとまず、こちらで一冊勉強すると、国際標準レベルのA2まで学習できるように構成されています。同時に、以下のことを学んでいきます。当面の予定は、初心者ターム初回は三ヶ月で、ネイティブとチャット、通話、会話で友達としてコミュニケーションが取れるところまでを設定しています。

 

 

 

最初から文法勉強だけをしないこと

語学は、最初は難しい文法書などを勉強しないで、会話を最初に学んだ方が早く目的地に到達します。学習に役立つのは海外ドラマと言いますが、それは正解。しかし、最初からドラマを字幕なしで見てもちんぷんかんぷんで、続きません。そこでこどもようの教育番組や、物語がリスニングにも単語習にも、文化を知るうえにおいても、とても効率がよく、無理がなく続けることができます。

 

語学習得に必要な四技能

基本の四技能、リスニング、スピーキング、リーディング、ライティング

  1. まずは耳を鍛えよう
  2. 発音できれいになると、リスニングができるようになる
  3. たくさん読んでインプットしよう
  4. 読んだ分だけ、書けるようになるので

それをまたアウトプットするために、発音練習でトレーニングをすれば、すらすら口から出てくるようになります  ^ ^

 

 

教材をに目をとおしたら

子ども番組から見てみよう

最初は、子ども用の動画を紹介してきます。耳慣らしからはじめましょう。

 

0才〜3才レベルからはじめよう テリタビーズ

これ、テリタービーズです。イギリスのこどもよう教育番組だったかな。私は英語のベイビークラスでこれを使っていたことがありますが、日本の映像に慣れている子達は不思議そうな顔をしたり、泣き出したりしますが、すぐに慣れてきます!だいじょうぶです。安心してください。このオランダ版を見つけてきました。かなり対象年齢も低いので初学者にとっては無理がないで、では見てみましょう。

 

何度見ても、不思議www しかし赤ちゃんの気分でゼロから言葉を学べるような気持ちになります。ここで大切なのは、ナレーションを分かろうなんてしないことです。もうあかちゃんになりきる。大切なのは、言語の音にまずれ慣れること、そしてできる限り多くの時間、その言語を耳に入れて行くことです。テリタビーズでは、すこし物足りないので、先へ進みましょう。

 

好きな人は3時間コースでどうぞ。

無理だよって方は、スキップして、次へ行きましょう。↓

 

 

Peppa Pig

家族の生活もわかって、和み系。家族の会話、身の回りの単語などを耳から入れておきましょう。とても簡単で、たまごやミルクなど、とても簡単に、それも勉強ではなくリスニングから導入することができるため、語学習得としてとても優れていますね。ただ、日本人の場合、これっという答えが欲しいと思うのですが、そこはぐっと我慢をして、あとから自分で調べる習慣をつけてみましょう。自分で調べると、覚える、丸覚えをしなくとも、身についてきますよ。私が高校の時に留学先のアメリカで身についたのは、このような作業が日常的に自然にしなけらばいけないということだったらです。大切な言葉は何度もできます。生の勉強方法で、苦痛でもなく、現地にいると、するしかない!という方法なのですが、これを日本に居ながらするには、教えてもらわないとわからないでしょうし、それを習慣化するにはすこし時間がかかるかもしれません。しかし、ぜひともこの方法で学んでいただきたい。慣れると最高に楽しいですし、学校の勉強から卒業し、生の語学力がつきます。とにかく一歩外に出て、ネイティブと話をしてみることに繋がりますし、間違っていてもいいから、自分のことを伝えること、語学に自信がなく、その時点で負けてしまうということは避けて欲しいと思います。どんどん世界で通用する、日本を前に進めて行って欲しいと思います。

あ、つい熱くなってしまいました。失礼しましたでは、学習に戻ります。

 

リスニングをして、単語もすこし聞き取れるようになったら次へ進みましょう。ここで、このレベルの動画を理解するには、単語を理解する必要があります。次の動画へ進みましょう。他にも単語の勉強をしてください。すると、動画に知っている単語が現れてきます。すると楽しくなってきます。次へ進みましょう↓

 

 

日常、身の回りにある単語100

  1. 何度か見てみます
  2. 発音をリピートし
  3. 単語ノートを作ります
  4. ノートを持ち歩き、単語をリアルでみたら、発話していきます
  5. いやでも身につきますよ

 

  • 単語帳を買って丸覚えは、間に合わなくった受験生だけでいいでしょう ^ ^ 楽しく学べる学生さんや社会人の方は、独学でも日常会話まで学習できるので、楽しんでやってみましょう。
  • 単語帳を書く時間を短縮したい人は、アマゾンでピクチャーディクショナリーが売ってあるので、それをいつも手に持って、発話練習でもいいと思います。私は、フランス語の学習の時にそうしております ^ ^ しかし、手で描いた方が断然覚えることができます。あと、最初は本からですと発音がわからないため、あまり意味がなくってしまいます。ある程度の語数と発音がわかるようになるまでは、動画、ノート発話がおすすめです。
  • スペルが読める、発音ができるようになったら、ピクチャーディクショナリーを使いましょう。効率がよくなります。

 

会話フレーズは必須で、楽しいのでさらっとやってしまおう

こちらも見ながらノートを作ってしまいましょう。この積み重ねが、動画を理解できる基礎になります。

会話フレーズは別ページで紹介します。

 

 

 

こども番組が苦手な方は

またもうそろそろ卒業したいという方は、こちらを。おとなよう動画は別ページで紹介します。


youtube動画は、見ながらノートをつけていくと、覚えて、いざという時にもノートを調べて、会話もできるので便利です。

 

 

音に慣れてきたら、発音の確認をする

最初からはつおんをすると楽しくないので、まずは子供番組や、ドラマでオランダ語の音は、こんな感じなんだなあと感じてみてる。ドラマでカルチャーに触れることもできる。興味も出てくる。でも、まだわからないので、会話フレーズや単語を知ることからはじめる。そうこうしていると子どもの番組はわかるようになり、ドラマまで進むことができます。その間に、発音記号を入れておきましょう。知りたくなったら、発音記号での発音練習をしておいてください。

 

ここは、のちに重要になってくるので、初心者、入門の間に終わらせておきましょ!動画はご自分で好きなものをいろいろ調べてみてくださいね。

 

 

ちょっとかわいいいおさる  Oliver Nederlands 55 Minuten


オリバーがかわいい。ここらへんまでくると、かわいさも出てくるので、こども番組でも、楽しめるようになってきます。やはり教育番組的なものは大人にはすこしきついかなと思うこともありますw ここらへんからは、息抜きに使えるようになってきますよ。1ヶ月くらい勉強をすすめると、理解することも可能になってきます。しかしまだ赤ちゃんぽいですねw 何日か見て、聞き取れるようになったら、すこしレベルをあげてみましょう。↓

 

しかし、まだまだ子どもチックですね。フランス語ですと、ロバのtrotろくらいのクオリティーのものがあるので、素晴らしいなと思いますので、オランダの番組ももうすこし調べてみます!

 

さらに単語をどんどん増やしていこう

丸覚えが苦手なひとは、見ていたり、ノートを作るだけでもいいですよ。そのうち、身につきます。そのうちといっても、しかり動画も見て、毎日継続するのが前提です。この勉強法は、毎日することに意義がありますよ〜。

 

ここくらいのレベルになるとこどものアニメーションはかなり使える

という動画を現在探しています。フランス語で出会ったような動画に出会えるように、日々検索検索です ^ ^ みなさんも、どうぞここまで、1ヶ月くらい一緒に勉強してみましょう。かなり力がつきますよ。

 

教材や好きな動画のシャドーイングを1ヶ月

とにかく音から入り、口の筋肉をその言語に合わせていく。シャドーイングをすると耳も鍛えれるので、リスニング力をここでつけていきます。音は、大量に聞くと、ある日突然、耳の変化に気がつく時がやってきます。高校生の場合、正規留学(語学留学でなく)で、3ヶ月が目やすです。ですので、日本にいながら耳の変化がほしい場合は、上記のことを考えて、時間をつくるようにしてください。

 

まとめ

  • 会話フレーズや発音、子供番組youtubeから、オランダの音を入れておく
  • テキストは一冊、ひとまずさらっと通読して、こんな文法やフレーズがあるんだなあと知っておく
  • あとはひたすら1ヶ月、好きな音源を使ってシャドーイング、音楽でもドラマでもなんでもOK,自分が好きなもの、何時間でも見れるもの、聞くことができるコンテンツを探してください。どちらかというこの好きなものを探すということに時間を使い、あとは、好きなことなのでほっておいても、自分で聞くようになると思います。それくらい好きなものを選んでください。本気で。
  • 聞くことに慣れてきたら、知りたくなった単語や文法を好きな時に調べるようするとさらにスキルアップできます
  • 耳が変わってきたころには、単語もフレーズもぐんと上達しています。

できたよ。できなかったよ。などなどどうぞ遠慮なくDMなどされてください。できない場合は、私の時間があれば、すこしくらいはアドバイスできると思います。

 

みなさんも、どうぞここまで、1ヶ月くらい一緒に勉強してみましょう。全部で3ヶ月の予定ですが、まずは最初の10日〜1ヶ月をこの流れで一緒に、毎日実行してみてください。

 

慣れてきたら、ドラマへ

 

 

ドゥーニャとデイジー

 

 

映画になりますが。

 

恐竜が教えてくれたこと(2020年3月)

オランダの児童文学ですが、映画はドイツかも・・・・

 

更新中

2日できたら、大きな前進

3日できたら、きっとつづく

10日できたら、次のステップに進んでみよう


VR高校

オンラインコース、リアルクラス(神戸、大阪、京都、東京、オンラインフランス校:日本語クラブ)

語学コーチング:フランス語、オランダ語、イタリア語、英語、3ヶ月で入門、初心者コース