第二外国語のフランス語を英語で3ヶ月チャレンジをしました。すこし情報量が多いので、ただいままとめています。

3ヶ月の学習を終えて思うことは、語学スタートをして3ヶ月で、こんなに現地のネットでの友達ってできるのですね。ということです。箇所箇所で勇気を持って、習った言葉を話してみるのはとても有効でした。

 

ただ今更新中

こちらのカテゴリーを少し充実させていく予定にしております。現在執筆中のため、時系列で書いた、noteをご覧ください。こちらのblogでは、時系列ではなく、まとめを書いてきます。note (現在、noteは一部無料公開中になっておりますので全ての記事をご覧いただくことができません。)

 

まだ執筆途中のため、ひび変化していきます。またぜひ遊びにいらしてください。

 

時系列のフランス語記録(note 現在無料公開分)

3ヶ月でフランス語チャレンジ 1ヶ月目

最初の10日にやったことは、まず発音!(note)

学習15日目でバーバーパパをフランス語で楽しめた(note)

【フランス語理解までの道のり1ヶ月目実況】

マルチリンガル語学カリキュラムができるまで。

【かふあの語学習得コーチング1ヶ月目メニュー/3ヶ月】

ネイティブの友達を作る前にしておきたいこと(note)

お礼に日本語レッスンをはじめてみた(note)

学習1ヶ月目で楽しめるフランスのアニメ(note)

noteのメモの無料公開部分になります。以上の項目はもう少し詳しくまとめに記載していく予定です。

【VR かふあ校長の今日のフランス語 耳と歌で覚える単語40-1日常によく目にするもの♪】

【VR かふあ校長の今日のフランス語 耳と歌で覚える単語40-2 日常身の回りのもの♪】

【VR かふあ校長のフランス語 】数字って難しいよねとくに70から61+11 って?

【VR ed かふあ校長3ヶ月英語でフランス語 おいしいものを食べるために覚えておくオーダーフラ語】

【かふあの語学習得コーチング2ヶ月目/3ヶ月】 つづく

 

つづく

2ヶ月目(準備中)

3ヶ月目(準備中)

 

 

3ヶ月フランス語チャレンジまとめ

目次

3ヶ月でフランス語、日常会話マスターするよ!心得


まずは目標設定と期間設定が達成のコツ

自分がどこに到達したいのかは、学びの最初の重要項目です。まずは3ヶ月先に何ができるようになっていたいのか?今回は、私の場合、短期間で弊社の英語カリキュラムでフランス語の結果を出したかったため、3ヶ月を最優先で考えました。みなさんは、目標から考えても良いかと思います。たとえば、フラ語日常会話を一年でとか、ビジネスに使えるフラ語を2年で、などなど。それから、短いスパンを組み立てていくのもいいと思います。

 

語学に必要な学びのジャンル

語学には四技能というのがあります。読み書き、聞く話すです。まずはリスニングからというのが、業界のセオリーで間違いありません。そして、リスニングができるようになるためには、発音ができることが重要になってきます。そのために、まずは発音から学びます。これは文法と比べればとても楽しく学ぶことのできるジャンルです。が!フランスの周波数は非常に広いため、最初の発音が高い壁となりました。しかし、最適最速を意識して学べば、できないことはありません。頑張りましょう ^ ^ 3ヶ月で聞き取れるようになりました。

 

語学スタートは発音から

とにかくリスニングというのは間違いはありませんが、やみくもに聞くだけでは面白くなく、挫折してしまいますので、最初の予備の1ヶ月を設けて、聞き流しをし、学習スタート地点で、発音教材をすることをおすすめします。私は今回は、両方を同時にしましたので、1日の学習時間が膨大になってしまいました。(1日学習三時間、リスニング三時間)ちょっとこれは社会人の方にってはハードかもしれません。学習時間についてはまた記載します。(後編)

 

(ここからまとめ更新中のためもうすこしお待ちください)耳づくりのリスニング

ぜんぜん入ってこないはじめての音のフランス語

イタリア語はすぐに入ってくるのに!

単語

フランス語圏の友達と出会う

話したいことを学ぶと早い

フランス語文化に衝撃 

文法入門

おすすめ教材

youtube よりすぐり

海外ドラマはさっぱりだ >_<

こどもよう番組がわかるように!

会話フレーズ最強

学習時間の設定

次にステージへ進む

発音をネイティブへ近づける

文法初級

 

 

3ヶ月の結果を先にお伝えしておきます ^ ^ 

ネイティブスイーカーとあいさつをし、友達の一歩を踏むことができる。オンライン、チャットなどでフランス語のみで、翻訳機も使いながらコミュニケーションができる。(翻訳機はやみくもに使うのではなく、言語の仕組みを理解しながら使うことが重要)。日本語か英語がわかるネイティブと個人的に交流ができる。一緒に勉強をしたり、共通の趣味などを通し時を過ごすことができる。海外ドラマを字幕なしで、習った言葉を聞き取れ楽しめる。こどもよう番組を理解できる。とにかく、友達ができて、それを継続することができるレベルに3ヶ月で持ってくることができました。以下にスキルレベルを検証していきます。

 

リスニング フランス語は、発音=リスニングと文字読みが学習最初の難関でした。3ヶ月でこちらの壁は打破できるとわかりました。そうなるとあとは、簡単に感じ、暗闇から抜けれますよw あとは、初級に向かい、動詞の活用の数の多さという大きな荒波がやってきます ^ ^ とにもかくにも、リスニングは3ヶ月でクリアでき、学習がどんどん進むようになります。発話すら、音すら真似ることができなかったフランス語の発音が真似をして発話できるようになった。聞き取りリピートができるようになった。ドラマや子ども番組のスピードで、習った単語やフレーズを耳がキャッチできる。またリピートができる。

 

スピーキング 習った会話フレーズを、初学時に発音とリスニングを元に勉強していると、スムーズに通じます!発音学習さえしていれば、スピーキングの壁は厚くない、そんな印象でした。あとは、自分で文章を組み立てて、瞬時に話すという次のステップが見えてきます。3ヶ月という期間では、会話フレーズを使い、私はフランス語を勉強して、フランスのことを知りたい、興味があります、友達になりたいです。そのようなことを伝えることができれば、次の学習にも、友達との継続も可能です。習ったことは全てスピーキングで使う!ことができるようになった。単語やフレーズを相手に伝えることができる。簡単な質問をすることができる。回答することができる。どこに住んでいますか?好きなものはなんですか?などなど、簡単な会話ができる。時には初めての会話で、あなたにとっても幸せとは何か?と思想や哲学的な質問が飛んでくるのは、フランスチックなのだと思いますが、日本にいると話さなくてもいいことも、しっかり自分の哲学を持つという、案外、大切なことに向かい合う気づきがありました。こうなると辞書なし、グーグル翻訳なしでは会話ができないため、翻訳の使い方もうまくなります。これにはコツがいるので、闇雲に使用するのは避けたほうが無難です。

 

リーディング リスニングの箇所と同様、フランス語は文字を読むことが非常に困難な言語でした。しかし、そこを乗り越えると(文字を見て読めるようになり、発音ができるようになると)、するする学習が進むようになります。楽しくなり、充実感も感じることができるため、モチベーションもあがります。こどもようの絵本などを毎日読むようにすることも可能なフランス語力がつく時期なので、すこし難しいですが、毎日1行でも継続すると、素晴らしい結果にたどり着きます。(ここはまた検証しながら別ページで紹介します。)単語や、フレーズの文字を音にすることができるようになった。絵本を辞書なしですらすら読むのはまだ難しい。友達からきたチャットやメールを辞書なしでも推測して読むことができる。補助的に辞書を使用。

 

ライティング あいさつからはじまり、初日はどうなるかと思いましたが、チャットで会話をするのに必要不可欠のため、発話より、先にこちらができるようにんりました。これは時代だなあと思います。語学習得の業界常識としては、ライティングは最後に習得できるスキルです。たくさん読んでいなけらば、書くことはできません。しかし、書くことから要求される環境が多くあるため、初学者に必要なスペルを覚え、書くというところが伸びるという意外な結果に終わりました。本来なら私の方法では先に話すことが上達するのですが、これは時代の流れだという結果。3ヶ月では、習ったことを文字にしてコミュニケーションをとるメインのスキルになったという結果です。友達からのチャットやDMに返事ができる。辞書は使用マスト状態。この時に翻訳機を使うととても便利だが、学習スキル向上を考えると、紙の辞書で自分で文章を作ったほうが何倍も上達する。わかってはいるが、なかなかできないのが、便利なものが目の前にあるなら致し方ない・・・w次の時代の学習方法の構築なのかもしれない。語学学習だって必要のない時代はすぐそこまできているのだから ^ ^ とはいえ私は今はまだ語学は取得したいと思っています。

 

以上、3ヶ月でできるようになったことまとめでした。他にもいろいろ3ヶ月の間に、挑戦したことあります。そちらはリアルタイムで記録していた note をご覧ください。(現在、一部を公開中)

 

 

 

 

新たなる言語への挑戦第三外国語

ドイツ語、イタリア語、オランダ語、オーストリア語へつづく

 

フランス語、1ヶ月で発音マスターへつづく

リンクはこちら