ヒューゴー賞受賞のSF作品、ハインラインの、夏への扉。いま、こちらを読んでいます。

山下達郎氏の曲がこちらと繋がると聞いて、聴いてみました。

 

季節柄なつかしいのでクリスマスソングも聴きたくなりますね。

 

ハインラインの「夏の扉は」、この物語は12月からはじまります。

時間旅行✈️の世界をすこし愉しんでみようと思います。

ハイラインシリーズはかなり重い。戦争と軍隊と、テクノロジーと思想に哲学。そして現代に落とし込んだ時に、自分自身がどの道を選び歩いてきたのか、気づきのある読みもので、哲学です。SFを少し軽くみていた自分が恥ずかしいw むかしむかしにこんな先のことを想像をしていた人がいたんだ・・・・あなたはの哲学は?あなたの思想は、歩く先の未来は・・・?

つづく

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です