日本にいると、なにもかもがあたりまえに思えてしまいます。この便利なことの多くのこと、当たり前のように受け取る優しさ。同時にマニュアル化された対応や笑顔。フランス語を3ヶ月で習得しようと勉強したことで、さまざまな気づきがありました。(それはまたの機会に書くことにします。)フランスやヨーロッパの漫画文化もありない、日本のアニメーション、ゲーム、コスプレなど、いわゆるクールジャパン分野のファンの方々はとても日本に熱い想いを語ってくださいます。そんな中、こちらへ来たい人、あちらへ行きたいひとが交錯し、ふと日本をかみしめることになります。たった3ヶ月の、それも日本にいながら留学をした以上の収穫がありました。とてもありがたいことです。

日本にいるから、見えること、できることがまだまだたくさんあることに気づきました。今の時間をたいせつに、日本をじっくり味わいたい。そんな気持ちでいっぱいです。
外の世界へ行けば我が国の良さを知ることは、高校時代に経験積みですが、十分に大人になった私には、今の日本はどのように見えるのか。外に出るからこそ、今見える日本を撮りたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です